TEL 0564-63-2480
愛知県額田郡幸田町。岡崎南公園から4分。
岡崎市・蒲郡市・安城市・西尾市に隣接
 
トップページ»  腎臓内科

腎臓内科

 

腎臓内科 診療案内

腎臓内科とは、尿検査の異常や血液検査での腎機能の異常などから腎臓病を見つけ出し、診断治療していく診療科です。

腎臓病の多くは、初期には症状がないため放置されがちです。

しかし、放置することによって将来的に透析療法を必要とする末期腎不全に至る可能性が非常に高くなることがあります。

これまでに健康診断等で尿検査や血液検査で腎機能の異常があった方は、ご自分の判断で放置せずお早めにご相談下さい。

気になる項目をクリック!

 

               

 

 

尿検査の異常  ~蛋白尿や血尿を放置していませんか?~

尿検査で、尿が作られる腎臓や、尿の通り道となる尿管、膀胱、尿道などの状態を知ることができます。

尿検査は安価、簡便で、体の色々な情報を知ることができる大変有用な検査です。
尿検査の異常から分かる腎臓病などは、健康診断などで尿検査をしなければ、病気に気づかないこともあります。

また異常があっても症状がないことから放置してしまうと、知らないうちに病気が進んで大変な病状になってしまうことがあります。

健康診断等で尿検査の異常を指摘された方は、症状が無いからと自分の判断で放置せず、必ず医療機関に受診しましょう。

 

尿蛋白(蛋白尿)

腎臓に障害があると尿中に蛋白が漏れ出てしまうことがあります。
様々な腎炎や糖尿病性腎症などの腎臓病でみられます。
また、一部の血液の病気が疑われることもあります。
蛋白尿が多いと腎機能が低下し、透析に至る確率が高くなります。

 

※後述するCKDの欄でも、蛋白尿について記載しておりますので続けてお読み下さい。


 

血尿と尿潜血

①肉眼的血尿
目で見てもすぐに分かる赤い尿やコーラ色の尿

②顕微鏡的血尿(尿潜血)
目で見ても分からないが、尿検査の試験紙で分かる血尿
 

 

血尿は、腎臓、尿路(尿管、膀胱、尿道)のすべての出血から生じます。

原因として、尿路結石や悪性腫瘍、膀胱炎等の泌尿器科疾患があげられますので、泌尿器科専門医の診察を受けることが重要です。

ただし、初期には血尿のみでもその後の経過で蛋白尿が出ることがあります。

尿蛋白と血尿が両方見られる場合は、内科的な腎臓の病気が(腎炎など)疑われますので内科の受診が必要となります。

 

慢性腎臓病(CKD)~Chronic Kidney Disease 20歳以上の8人に1人!新たな国民病~

腎臓の機能が正常より少し悪い状態や、腎機能は悪くなくても蛋白尿が出ている状態が3ヶ月以上続くと、CKDと診断されます。
 


 

 

■ そのまま放置すると、将来的に末期腎不全になり透析が必要に・・・

CKDはそのまま放置すると、除々に腎機能が悪くなり、透析や腎移植が必要となる末期腎不全に至る可能性が非常に高くなります。

しかし、腎臓は少し悪くなっただけではほとんど症状がないのが問題で、症状が出てきたときにはかなり腎不全が進行してしまっていることが多くあります。

症状のない初期から早めに腎不全の進行を予防することが重要となります。


■ 心筋梗塞や脳梗塞などを発症するリスクが高くなります。
また、CKDは腎臓が問題となるだけでなく、心筋梗塞や脳梗塞などの生命に関わるような心血管の病気の発症リスクが非常に高くなることがわかっています。

CKDの患者さんはそのような心血管疾患の発症率が、CKDでない方の3倍になるといわれています。 

そのため、より早期からCKDの治療を開始することが重要視されています。

 

CKDは一般的な血液検査や尿検査で比較的簡単にみつけることができます。

気づいたときに手遅れにならないように、健康診断等で尿検査や血液検査を受けることが大切です。

また、異常値がでた場合、自身の判断で放置することは絶対にやめましょう。